虫歯・根管治療

虫歯治療

虫歯とは、歯垢(プラーク)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を介して酸を出し、その酸により歯が溶ける病気です。 虫歯治療で大事なことは、「早期発見・早期治療」です。仮に虫歯になっても、早期に対処できれば治療も簡単で済みますし、何より神経を残すことが出来ます。早めに対処できるように、定期的な検診が大事です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
自覚症状なし 経過観察
フッ素塗布
冷たい物がしみる
痛みはほとんどなし
虫歯を除去し
レジン充填
冷たい物がしみる
甘い物がしみる
時々痛い
虫歯を除去し
レジン充填か
インレー修復
温かい物がしみる
ズキズキ痛い
寝る時に痛い
根管治療を行ってから
クラウンを被せるか
インレー修復(奥歯)か
レジン充填(前歯)
痛みがないことが多い
根の先が膿むと
腫れて痛みあり
根管治療でも残せない場合は抜歯し
ブリッジか
インプラント
入れ歯

 
 

歯を残すための治療「根管治療」

「根管」というのは、歯の神経や血管が入っている、歯の中の細いトンネルのこと。虫歯菌に感染してしまった神経や血管をそのトンネルの中からきれいに取り除き、洗浄・消毒し、後にトンネル内を薬剤で緊密に充填することを「根管治療」と言います。

根管治療の流れ

予防のすすめ

治療を受けた歯は少なからずダメージを受けて寿命を縮めてしまいますので、虫歯対策は予防が第一です。

04-2968-8820

14:30〜19:30 14:30〜17:00

休診日:木・日・祝日

オンライン予約 オンライン予約

ワンズ歯科クリニック
〒350-1305
埼玉県狭山市入間川2-21-27
サンシャイン狭山101
交通のご案内
西武新宿線「狭山市駅」より徒歩5分

ホームページからご応募できます