歯ぐきから血が出る・口臭が気になる~歯周病治療~

歯周病は早めの治療が大切です

ワンズ歯科クリニック HOME > 歯ぐきから血が出る・口臭が気になる~歯周病治療~

恐ろしい病気「歯周病」

歯周病(イメージ画像)

歯周病は、歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こす病気です。進行すると歯を支える顎の骨が溶け、放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまうことがあります。その為、歯周病は歯を支えている骨が溶ける病気であり、原因は歯の根っこにこびりついたプラークや歯石という細菌の塊です。

そして、日本人のおよそ8割の人がかかっている、もしくは予備軍であると言われています。初期に自覚症状がほとんどないため、気づかずに放置してしまっている方が多いのです。そのため「サイレントキラー」とも呼ばれています。

歯周病は身近な病気であり、あなたもすでにかかっている可能性があります。他人事と思わずに、普段から歯周病にかかっていないか注意しましょう。

歯周病セルフチェック

歯ぐきが赤く腫れている
歯を磨くと歯ぐきから血が出る
口臭がする
歯がグラグラする
歯ぐきが腫れて膿が出る
前歯が以前より出てきた
物が詰まりやすい

もしこれらの症状があれば、歯周病の疑いがあります。一度、歯医者さんに行き、診察してもらうことをおすすめします。

歯周病が体に及ぼす影響

歯周病は歯ぐきや顎の骨を破壊するだけでなく、全身にも悪影響を与えることが近年指摘されています。

心臓病

歯周病が進行すると、歯ぐきの炎症部分に「血栓」という血の塊ができやすくなります。その血栓が心臓に流れていくと、心筋梗塞や狭心症、動脈硬化を起こす場合があるのです。また、心臓の中にある「心内膜」という部分にまで炎症が広がると、「細菌性心内膜炎」という疾患にかかることもあります。

肺炎

歯周病菌がだ液を介して、気道・気管支・肺に到達すると、肺炎になる可能性があります。

糖尿病

歯周病菌は糖分を好むため糖尿病を悪化させると言われており、また糖尿病そのものが歯周病菌を増殖させるとも言われています。

早産

妊娠中に歯周病になると、子宮の筋肉が収縮し早産になる可能性が高いと言われています。なお、実際に早産になってしまった母親の歯周病菌の数は、正期産の母親と比べて約4.5倍の数値であったというデータもあります。

生活習慣病

ブラッシング不足や喫煙などでも引き起こされる歯周病は、それ自体が生活習慣病とも捉えられます。歯周病を予防することが、全身の健康を維持することにつながっているのです。

たかが“歯ぐきの腫れ”と放置せず、早めに対処しましょう。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。
ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
ちなみに健康な方の場合は1~2㎜です。
【処置】
ブラッシング指導
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。
歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さは、3~4mm程度です。
【処置】
ブラッシング指導、スケーリング・ルートプレーニング
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。
歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さは、4~6mm程度です。
【処置】
ブラッシング指導、スケーリング・ルートプレーニング、フラップ手術、再生療法
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。
歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
【処置】
この状態で完治させるのは大変難しい状態です。歯を保存できる状態であれば歯周外科手術、再生療法を試みます。しかし残念ながら抜歯となる場合もあります。 ここまで進行する前に、ぜひ定期検診を受けて下さい。

歯周病の検査方法

ポケット診査
ポケット診査

歯周ポケットの深さを、「プローブ」という器具を用いて測定する方法です。基本的には歯周ポケットが深ければ深いほど歯周病が進行しているといえますが、レントゲン写真、お口の中の状態によって進行度を判断します。

歯の揺度の検査

歯周病が進行すると、顎の骨(歯を支えている周りの骨)がだんだん溶けてくるため歯がグラグラしてきます。歯がどれくらいグラグラするかを測ることで、歯周病の進行度を知ることができます。

レントゲン検査

レントゲンを撮って、顎の骨の状態を調べます。これによっても歯周病の進行度や症状を確認できます。

歯周治療の流れ

歯周病の治療方法

スケーリング・ルートプレーニング
スケーリング・ルートプレーニング

「スケーラー」という器具を使って歯周ポケットからプラークや歯石を除去します。この処置で除去しきれなかった歯石を「キュレット」という器具を用いて除去し、同時に削った部分をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット深くの歯石は麻酔をして処置をします。

フラップ手術
フラップ手術

歯ぐきを切開・剥離して、歯根に付着している歯石・不良肉芽組織を徹底的に除去し、骨が溶かされてデコボコになっているところをきれいに平らにし、そのあと歯肉を戻し、糸で縫います。

レーザー治療
レーザー治療

レーザーを照射することで、殺菌効果や治癒促進効果が期待できます。主に炎症の除去や歯周病治療などの歯肉処置に使用しますが、その他外科処置や審美治療などにも使用します。

GTR 保険適応外
GTR

溶かされた顎の骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。歯ぐきを切開してプラークを除去したあとに歯ぐきの上皮の下に人工膜を入れ、歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン 保険適応外
エムドゲイン

GTR法と同様に、溶かされた顎の骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。エムドゲインでは、欠損部分に薬剤を入れ、歯周組織の再生を誘導します。

歯周病は初期症状に乏しく、放置すると怖い病気 かかるまえにまず予防しましょう!

ページトップへ戻る

ワンズ歯科クリニック
アクセスマップ
西武新宿線 狭山市駅から徒歩5分
住所 埼玉県狭山市入間川2-21-27
サンシャイン狭山1F
                                  駐車場4台完備
電話番号 04-2968-8820
診療時間
詳しい医院情報はこちらから