妊婦さんは虫歯・歯周病になりやすい?~マタニティ歯科~

生まれてくる赤ちゃんのために、十分なケアを

ワンズ歯科クリニック HOME > 妊婦さんは虫歯・歯周病になりやすい?~マタニティ歯科~

妊娠中のお口の変化に要注意

妊娠するとホルモンの分泌量が増えることで、体にさまざまな影響が出ます。

そのうち、口腔内環境の変化もその一つであり、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすくなります。

虫歯や歯周病になりやすい原因

女性ホルモンが菌の増殖を助長

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えます。
そして、女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促す作用があるため、妊婦さんは歯周病になりやすくなるのです。

だ液の分泌量が減る

妊娠中にだ液の分泌が少なくなる場合があります。
だ液の量が減ると、だ液が持つ浄化作用がうまく作用しなくなり口腔内が不衛生になり、その結果虫歯になりやすくなります。

つわりでブラッシングが困難

つわりの影響で強い吐き気を感じ、ブラッシングを困難に感じる人は多いものです。
また、一度の食事でたくさん食べられないため、食事回数が増えがちです。その結果、口腔内が長時間酸性に傾き、虫歯になりやすくなるのです。

免疫力の低下

妊娠中は体の免疫力が下がります。
そのため、口腔内の細菌も増えやすく虫歯や歯周病になりやすい状況になります。

妊娠中に実践していただきたいデンタルケア

フッ素やキシリトールを活用

フッ素は細菌の増殖を抑える働きがあるほか、歯の石灰化も促します。
そしてキシリトールはそのフッ素の働きを助けます。これらの成分を含むガムや歯みがき粉を積極的に利用しましょう。

食後に水やお茶を飲む

つわりで十分なブラッシングができない妊婦さんは、食後に水やお茶を飲むようにしましょう。それにより、細菌の増殖を抑えたり、だ液の分泌を促したりすることができます。
特に緑茶は殺菌作用のあるカテキンを含有しているので効果的です。ただし、口腔内に必要な菌も流してしまうおそれがあるので、飲みすぎには注意してください。

規則正しい生活とリラックス

免疫力が低下しやすい妊婦さんは、規則正しい生活を送り、ストレスをためないようにすることも大切なこと。適度に散歩や日光浴をし、リラックスすることを心掛けましょう。

治療を受けるタイミングは?

妊娠中は歯科治療を避けたほうがいいのでは?と思われるかもしれませんが、口腔内の病気がお腹の赤ちゃんに悪影響を与えないとも限らないため、むしろ妊娠中こそ普段以上にケアをし、適切な治療を受ける必要があります。ただし、治療を受けるタイミングは妊娠時期によって異なります。

また、妊娠中の治療内容に不安を感じるかもしれませんが、当院では大きなお腹でも苦しくないよう努め、レントゲンや麻酔・処方薬にも十分な配慮をいたします。なお、受診の際は妊娠中であることを必ずお伝えください。

妊娠初期(妊娠1~4ヶ月)

切迫流産を起こしやすい時期です。この時期の歯科治療はなるべく控えてください。

妊娠中期(妊娠5~8ヶ月)

安定期と呼ばれる時期です。特別なことがなければ、問題なく歯科治療を受けることができます。

妊娠後期(妊娠9ヶ月~臨月)

陣痛が起きる可能性があります。
この時期の治療はなるべく避け、産後の治療をお勧めします。

お子様が生まれても気を付けることはたくさんありますお母さんがお子様の大事な歯を守ってあげましょう

当院では提携している産婦人科に通院中の妊婦さんに限り、無料歯科検診を実施しています。詳細はお問い合わせの上、お気軽にご来院ください。TEL:04-2968-8820

ページトップへ戻る

ワンズ歯科クリニック
アクセスマップ
西武新宿線 狭山市駅から徒歩5分
住所 埼玉県狭山市入間川2-21-27
サンシャイン狭山1F
                                  駐車場4台完備
電話番号 04-2968-8820
診療時間
詳しい医院情報はこちらから