虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~

虫歯や歯周病に対しては、予防が“最大の治療”です

ワンズ歯科クリニック HOME > 虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~

予防することの重要性

予防歯科(イメージ画像)

欧米諸国において、歯医者は「病気を予防するために行くところ」という考えが広まっているなか、日本においては「歯が痛くなったら行くところ」という考えが根強く残り、特に症状がなくても自主的に歯科医院に行くという方は少ないのが実状です。しかも、歯科治療に対して「痛い」というイメージからか、少し歯に違和感があったくらいでは歯医者に行かない方もいらっしゃいます。

しかし、虫歯や歯周病などは初期症状が乏しく、なんらかの自覚症状に気づいたときにはかなり進行している場合が多くあります。そのうえ、歯は治療すればその機能を回復できますが、治療を受けた歯は少なからずダメージを受けており、治療をくり返すことで歯はもろくなってしまいます。一生自分の歯で咬み、健康な口腔内環境を維持するためには、「病気にかからないようにする」という意識と日々のメインテナンスが大事なのです。

予防のメリット

口腔内のトラブルを防ぐことができる

虫歯や歯周病を未然に防げるのはもちろん、もし発症していたとしても早期治療につながるため治療によるダメージを極力抑えることができます。

さまざまな面での負担を軽減できる

早期発見・早期治療により、痛みの少ない処置で済みます。
また、その費用も進行してからよりもずっと安く抑えられます。

口腔内の爽快感が得られる

日頃のブラッシングなどでは取り除けない汚れも隅々まで除去できるため、お口の中がスッキリします。

予防処置方法

定期検診

予防の主軸は定期的(3ヶ月~6ヶ月)に検診を受けることです。ご来院いただいた際には、虫歯や歯周病のチェック、歯のクリーニングなどを行い、口腔内トラブルを未然に防ぎます。万が一虫歯や歯周病が発見されても、早期に治療することが可能です。

カリエスリスク診断

「虫歯のなりやすさ」を調べる検査です。口腔内の虫歯菌の数・飲食回数・フッ素使用状況・だ液量・だ液成分などをチェックします。検査結果は0~24のスコアで表され、その数値によって適切な予防計画を立てます。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

歯垢(プラーク)を染め出す液を歯に塗布し、みがき残しの場所を調べます。日頃行っているブラッシングのクセを一目瞭然にしたうえで、正しいブラッシング法を指導いたします。また、歯間ブラシ・デンタルフロスの使い方や選び方などもお教えしますので、わからない点がございましたら何でもご相談ください。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯質を強化する作用と再石灰化を促す作用のあるフッ素を塗布することで虫歯になりにくい歯にします。定期的に塗布すると効果的です。しかし、フッ素を塗っているから大丈夫と過信せず、毎日のブラッシングも怠らないようにしましょう。

PMTC
PMTC

PMCTとは、専用器具を用いて徹底的に歯のクリーニングをすることです。歯と歯の間や歯と歯ぐきの間など、自分のブラッシングだけでは除去できないような歯垢(プラーク)や歯石を除去できます。3~4ヶ月おきに行うとその効果を維持することができます。

咬み合わせチェック
咬み合わせチェック

咬み合わせが悪いと一部の歯に過度の負担をかけることがあり、歯周病のリスクが高くなります。また、「顎関節症」といった病気を引き起こすこともあります。咬み合わせをチェックすることで、病気発症の有無やそのリスクを調べます。

予防歯科や定期検診についてのご質問などはお気軽にご相談ください。TEL:04-2968-8820

ページトップへ戻る

ワンズ歯科クリニック
アクセスマップ
西武新宿線 狭山市駅から徒歩5分
住所 埼玉県狭山市入間川2-21-27
サンシャイン狭山1F
                                  駐車場4台完備
電話番号 04-2968-8820
診療時間
詳しい医院情報はこちらから