歯が痛い・歯を抜かずに治療したい~虫歯治療・根管治療~

安全・快適な虫歯治療をご提供します

ワンズ歯科クリニック HOME > 歯が痛い・歯を抜かずに治療したい~虫歯治療・根管治療~

侮ると危険な病気「虫歯」

虫歯の原因(イメージ画像)

ほとんどの方が、一度は虫歯の経験があるのではないでしょうか。虫歯とは、歯垢(プラーク)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を介して酸を出し、その酸により歯が溶ける病気です。

また、虫歯の原因には「虫歯菌」「糖分」のほかに「歯質」「時間」があります。

虫歯菌

口腔内にはおよそ3億種類の細菌がいますが、その中でも「ミュータンス菌」という細菌が虫歯の原因になります。

糖分

食べ物に含まれる糖分をミュータンス菌が摂取することで、歯を溶かす酸を作ります。

歯質

栄養不足や治療の繰り返しにより歯質が弱くなり、虫歯になりやすくなります。

時間

糖分が口の中にとどまっている時間が長ければ長いほど、虫歯になりやすくなります。

これらの要素が重なり合うと虫歯が発症しやすいと言われています。そして、虫歯は一度かかってしまうと自然治癒することはなく、放置すれば歯を失うことにもつながります。

虫歯治療で大事なことは「早期発見・早期治療」です。もし仮に虫歯になったとしても、早期に対処できれば治療も簡単で済みます。歯に違和感を覚えたら、痛みを感じる前にご来院ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布(歯が石灰化し、修復されることがあります。)
C1
【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラント入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための治療「根管治療」

根管

「根管」というのは、歯の神経や血管が入っている、歯の中の細いトンネルのこと。虫歯菌に感染してしまった神経や血管をそのトンネルの中からきれいに取り除き、洗浄・消毒した後薬剤を充填する治療のことを「根管治療」と言います。

虫歯が進行すると神経や血管は死んでしまうため、取り除く必要があります。そして、従来ならば歯も抜かなくてはなりませんでした。しかし、現代では根管治療を行うことにより歯を残すことができるようになりました。神経を抜いた歯が一生機能できるかどうかは、この根管治療にかかっていると言っても過言ではないのです。

根管治療の流れ
  • 感染した神経・血管を除去
  • 根管を適切に形成し、根管の長さを測定
  • 根管を拡大・洗浄
  • 根管内に薬剤を詰め、密封
  • 歯の土台を入れる
  • 被せ物を被せる
~予防のススメ~

虫歯になったら治療すればその機能は回復しますが、その都度治療すればいいかと言うとそうではありません。というのも、治療を受けた歯は少なからずダメージを受けてしまい、その寿命を縮めてしまうのです。

虫歯対策は予防が第一。虫歯になりにくい口腔内環境を作りましょう。

虫歯を対策の予防歯科についてくわしくはこちら

ページトップへ戻る

ワンズ歯科クリニック
アクセスマップ
西武新宿線 狭山市駅から徒歩5分
住所 埼玉県狭山市入間川2-21-27
サンシャイン狭山1F
                                  駐車場4台完備
電話番号 04-2968-8820
診療時間
詳しい医院情報はこちらから